造成工事

造成工事(宅地造成工事)

造成とは家を建てるための住宅地を作ることです。ある程度の規模以上の造成になると、道路、水道、下水などライフラインや周囲をコンクリートの擁壁で土留したりします。つまり、家が建てられるように土地を作ることです。田んぼや畑から宅地をつくる場合は農地転用をする必要があります。

 

造成計画

造成は単に土砂を削ったり、盛土するわけにはいきません。造成予定地が法的に許可がいるところもありますし、家が立てれない区域もあります。事前に調査する必要があります。また、地盤調査も必要になります。地盤のわるい所fでは地盤改良をおこなう必要があります。

 

施工

一番大事なポイントは家を建てる場合、家の配置、高さ、車庫などの計画と同時進行が望ましいです。理由は、無駄な作業や手間を省きたいからです。無駄な作業はお客様の負担を増やします。

主な事例(無駄編)

  • 盛土したけれど、家を立てるときに土砂を処分しなくてはいけなくなった。購入した土をお金を払って処分しなくてはならない。
  • 地盤がわるいため、地盤改良をしなくてはいけないが、購入した土砂が無駄になった。
  • 家を建てたが、道路の水が敷地に入ってくる

 

基本的に、家含め計画時にほとんどは対処できます。

造成工事は様々な角度から見て検討し施工する事が必要になります。過去の物件では造成~新築~外構~車庫までの工程の見積り段階で150万円を削減出来た事例があります。大工さんや工務店さん設計士さんと連携する事で無駄を省くことが出来ます。

参考価格

盛土工事:1,500円/㎥配達含む

 

造成工事の関連項目

 

 

造成工事 施工事例

 

お家ドクターのオススメ メニュー

地盤メニュー 外構メニュー 地盤を知るメニュー
リフォーム・車庫・エクステリアのことならお家ドクターに質問

Copyright(c) 2012 富山県の住宅基礎・外構のお家ドクター All Rights Reserved.